英語表現

時差ぼけ in English

Hello!

いまは日本もコロナで入国制限していますが、来月当たりから制限の緩和が検討されている、とニュースがありましたね。

コロナが収まって、海外旅行にまた行けるような世界に戻るといいなぁ…という願いを込めて、

今日は英語での時差ぼけの言い方を紹介します!

 

英語で時差ぼけってなんて言うの?

英語で時差ぼけは"Jet lag"

英語では時差は "time difference" と言いますが、時差ぼけは jet lag と言います。

ジェット機のjetと、タイムラグのlagを組み合わせた言葉です。

ラグは遅れやずれという意味を持ちます。

ジェットによる時間のズレ、転じて時差ぼけを表現しているんですね!

 

時差ぼけがある、と言うときは I'm jet-lagged. です。

"jet-lagged"で形容詞化されています。

時差ぼけに苦しんでいると表現するときは、I'm suffering from jet lag.

これは"jet lag"を名詞として使っています。

 

時差ぼけのおすすめ対策法

ちなみに、私の経験上では、1.時差ぼけを避けるには機内が暗くなったら寝ること、

もしくは 2.寝不足が続いてすぐに寝れる状態に持っていることだと思います。

 

出張で睡眠不足が続くときは、ずっと機内で寝ているので時差ぼけなく

日本時間にすんなり戻ることができました。

ただ、後者は体調が悪くなるし、健康に良くないのでお勧めはしません。

 

時差に関する英語の表現

Time difference / ahead / behind

今回は時差の表現も合わせてご紹介します。

例えば、日本と台湾みたいに1時間の時差があるなら、There is 1 hour time difference. となります。

 

日本は台湾より1時間早く進んでいる、と具体的に言うなら、

Japan is one hour ahead of Taiwan. と言います。

"ahead of" を使って何時間進んでいる、もしくは "behind" を使って何時間遅いか で表現します。

遅いときは、Paris is 7 hours behind Tokyo. でOKです。

 

Simple Planというバンドの歌で、"Jet lag"という曲があるので、ぜひ聞いてみてください♪

時差/遠距離恋愛をテーマにした、ラブソングになっています。

旅行だけじゃなくて、ビジネスでも他国との取引があると、

必ず時差を考えて会議の設定をしたりすることがあると思うので、

time differenceとjet lagを覚えておくと役立つと思います。

 

Thank you for reading!

See you next time!!

-英語表現
-,

© 2021 ぴか英語 Powered by AFFINGER5