文化・教育 英語表現

日本語と英語で違う!食べ物の名前

Hello!

前回に引き続き、食欲の秋にちなんで、食べ物シリーズの記事です!

 

日本はたくさん美味しいものがありますが、特にパンが美味しいですね!*^^*

日本はふわふわのパンが多いですが、アメリカのはパサパサしているものが多かった気がします…。

前回はアメリカの食べ物を紹介しましたが、今回は日本語と英語で違う食べ物の名前4つを紹介します。

 

日本語と英語で違うFood Names

 

アメリカンドッグ

アメリカンドッグは和製英語のため、英語では別名で呼ばれています。

アメリカでは、 "corn dog"と呼ばれています。

アメリカンドッグと言ってしまうと、「アメリカ産の犬」になってしまうのでご注意ください!

 

アイスコーヒー

次は食べ物ではなく飲み物の、アイスコーヒーです。

In English, we say "iced coffee".

アイスコーヒーと言っても意味は一応通じるかと思いますが、正しくはiced coffeeと言います。

iceではなく、形容詞化して、icedに変わっているので注意が必要です。

 

ちなみに、ホットコーヒーは英語でもhot coffeeなので、特に覚える必要はないですね!

取引先とのface to faceの会議などでは、コーヒーを出すこともあると思うので、

iced coffeeは覚えておくと役立つかもしれません。

 

フライドポテト

これはご存じの方も多いかと思いますが、 French friesですね。

どうしてFrenchなのかは謎ですが…。

 

フランスパン

French breadなんて言ってしまいそうですが、baguetteと言います。

補足しておくと、フランスのパンと言いたいならFrench breadでOKですが、

外がサクサクで中がふんわりとしたフランスパンを指すときは、baguetteということが多いです。

英語は、フランス語から持ってきた単語も多くありますが、baguetteはこのうちの一つです。

ちなみに、フレンチトーストは英語でもそのまま、French toastになります。

 

Aaahhh! I'm hungry now!

食べ物のお話をしていたらおなかがすいてきちゃいました!

Thank you for reading!

See you next time!!

-文化・教育, 英語表現

© 2021 ぴか英語 Powered by AFFINGER5