文化・教育 英語表現

ポジティブになれる英語フレーズ2選

Hello!

今週の金曜ロードショーでは"The Devil Wears Prada(邦題:プラダを着た悪魔)"が放送されるそうですね!

ポジティブになれるあの映画、私はとっても好きです*^^*

そこで、今日はポジティブになれる英語のフレーズ2つをご紹介します!

笑顔に関するポジティブ英語フレーズ

1. Turn that frown upside down!

直訳すると、「そのしかめっ面を逆さまにしようよ」となりますが、

「しかめっ面はもうやめて、笑顔になろうよ!」なんてニュアンスです。

可愛い表現で、子ども相手にも使えるフレーズです。

また、frownとdownで韻を踏んでいて、言いやすいフレーズだと思います。

 

インスタグラムのハッシュタグにも使われていて、広く知られている表現です。

相手が悲しいと言っていたり、悲しそうな絵文字を送ってきたりしたら、

Let's turn that frown upside down!と

プラスの優しい一言を送ってあげられるといいですよね!

 

レモネードのポジティブ英語フレーズ

2. When life gives you lemons, make lemonade.

「人生にレモンみたいに酸っぱい出来事があったら、レモネードにして楽しんじゃおう!」

という意味です。

転じて、ネガティブなことをポジティブに変えよう、という意味で使われる表現です。

これもかなり有名なフレーズで、私の大好きな英語の表現の一つでもあります。

 

レモネード・スタンドについて

合わせてLemonade Stand (レモネード・スタンド) について紹介させてください。

アメリカでは、小さい子が家の前で手作りのスタンドでレモネードを売る光景を目にします。

薄めの木の板で作ったスタンドを使って、大体レモネード一杯を25セントくらいで売っています。

しかもこのレモネード、どの子から買っても結構美味しいんです!

インスタグラムで#lemonadestandと検索すると、

レモネードスタンドの可愛い写真がいっぱい出てくるので、ぜひ見てみてください。

 

このレモネード・スタンドを見ると、夏が来たなと感じます。

アメリカではよく見る光景の一つで、私的には夏の風物詩に近い気がします!*^^*

日本では見られない光景ですが、子どもにとってはお金を稼ぐ勉強や自立的に考える練習にもなるので、

日本でもこんな風にできたらいいのにな、なんて思ったりもします。

 

今回は英語ならではの表現を2つ紹介させていただきました!

今日は悲しいことがあったな…という方は、Let's turn that frown upside down! 🙂

Thank you for reading and see you soon!

 

-文化・教育, 英語表現
-, , ,

© 2021 ぴか英語 Powered by AFFINGER5